こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 人文科学研究所ホーム
  2. > 2013年度のニュース一覧(新着ニュース)
  3.  > 同志社大学人文科学研究所国際学術シンポジウム開催のご案内

新着ニュース

同志社大学人文科学研究所国際学術シンポジウム開催のご案内

'13年8月29日 更新
同志社大学人文科学研究所では、輝かしい実績を有する研究拠点として更なる発展の一歩を踏みだすため、今秋4回にわたる国際学術シンポジウムを開催いたします。

詳細につきましては、下記をご覧ください。


共通テーマ

『磁場としての東アジア』 

プログラム

第1回:ミッション高等教育史の可能性
日時:9月21日(土)14:00~17:00
会場:同志社大学今出川キャンパス クラーク記念館クラーク・チャペル
1.東アジアにおけるミッション高等教育史研究の来歴と現在 ※同時通訳あり
    陶飛亜(上海大学) 
    李省展(恵泉女学園大学)
   司会:田中智子(同志社大学)

日時:9月22日(日)10:00~17:00
会場:同志社大学今出川キャンパス 良心館305番教室
2.越境する教育事業と「帝国」の時代ーキリスト教界・公権力・地域勢力ー
    小檜山ルイ(東京女子大学)
   コメンテーター:水谷智(同志社大学)/駒込武(京都大学)
   司会:長志珠絵(神戸大学)  
3.戦時同志社史再考ー世界史・地域史のなかの連鎖構造ー 
    駒込武(京都大学)
    田中智子(同志社大学)
   コメンテーター:寺﨑昌男(立教学院)
   司会:奈須恵子(立教大学)

第2回:植民地主義のなかの帝国 ※同時通訳あり
日時:10月26日(土)13:00~18:00
会場:同志社大学今出川キャンパス 良心館305番教室
1.基調講演
  More questions about colonialism 
    Frederick Cooper (New York University)
   司会:水谷智(同志社大学)
2.植民地主義のなかの日本
  「アジア的/民族的」、固有なコミュニズムから韓国的民主主義まで
    黄鎬徳(ファン ホドク)(成均館大学校)
  事実と規範のはざまで:帝国日本の法、言語、肉体
    金杭(キム ハン) (延世大学校) 
  帝国のアンダーグラウンド:革命の法域と境界
    車承棋(チャ スンギ) (聖公会大学校)
   司会:冨山一郎(同志社大学)
3.総合討論 
   討議者:藤井たけし(成均館大学校)/金友子(キム ウヂャ)(立命館大学)/永原陽子(京都大学) 
   司会:冨山一郎(同志社大学)/板垣竜太(同志社大学)

共催:
科研プロジェクト「兵士・労働者・女性の植民地間移動にかんする研究」(基盤研究A 代表 永原陽子)
同志社コリア研究センター

第3回:日本の「戦後史」と東アジア
日時:11月3日(日)13:00~17:00
会場:同志社大学今出川キャンパス 明徳館1番教室
引揚者と戦後日本社会
    安岡健一(飯田市歴史研究所)
ヨイトマケの唄、ニコヨンの歌―戦後失対労働者の存在形態と社会意識―
    杉本弘幸(佛教大学)
沖縄復帰前後の経済構想 
    櫻澤誠(立命館大学)
1980年代以降日本における中国系新移民について 
    宋伍強(ソウ ゴキョウ)(広東外語外貿大学)

司会:福家崇洋(京都大学)

第4回:北に渡った言語学者・金壽卿(キム・スギョン)(1918-2000)の再照明 ※同時通訳あり
日時:11月9日(土)10:30~17:30
会場:同志社大学今出川キャンパス 明徳館1番教室
1.北朝鮮の言語学・言語政策と金壽卿
  北朝鮮の言語学史をどうみるか
    金河秀(キム ハス) (延世大学校) 
  国語学史の観点からみた金壽卿
    崔炅鳳(チェ ギョンボン)(圓光大学校)
   司会:コ ヨンジン(同志社大学)
2.金壽卿の国際的照明
  金壽卿の朝鮮語研究と日本
    コ ヨンジン(同志社大学)
    板垣竜太 (同志社大学)
  旧ソ連の言語学と金壽卿
    趙義成(チョ ウィソン) (東京外国語大学)
  金壽卿と中国の朝鮮語学
    崔羲秀(チェ ヒス) (青島濱海学院) 
   司会:洪宗郁(ホン ジョンウク)(同志社大学)
3.特別講演「父・金壽卿」 
    金惠英(キム ヘヨン) (トロント大学)
    金泰成(キム テソン) (釜山大学校)
   司会:板垣竜太(同志社大学)
  総合討論

共催:
同志社大学グローバル地域文化学部
同志社コリア研究センター

関連書類